ホーム  →  申請手続(個人指導)

申請手続(個人指導)

マルチリンガル・エキスパート養成プログラム(MLE)のAcademic English Support Deskプログラムでは、2019年度秋~冬学期において、今年度第二弾として、国際学会等を念頭に置いたアカデミックな英語発信能力の強化を目的に、プレゼンテーション指導の経験豊富なネイティブのインストラクターによる英語での口頭発表(ポスター発表を含む)の個人指導を実施します。希望者は以下の募集要項をよく確認の上、所定の方法で受講を申請してください。

1

大阪大学に在籍する全ての学生および教職員(今年度中に国際学会等での研究発表を予定していることが望ましい。)

2 開 講 場 所・時

2019年9月25日(水)~ 2020年1月31日(金) 

※土日・祝日を除く。

期間中の各曜日、以下各曜日の①~⑤のいずれかの時間帯を1回とし、原則として1週間おきに1回ずつ、合計3回を受講すること。なお、必ずしも各日程の同じ時間帯を受講する必要はありません。受講者の都合に合わせて、複数のSupport Deskで受講することも可能です。

※予約のキャンセルは3日前までに行ってください。直前のキャンセルは無駄に空きコマを作ることになり、他の受講生の受講の機会を奪うことになります。

※開講日程のカレンダーはこちらをご覧ください:R1サポートデスク日程.pdf

【月曜日(9月30日、11月11日のみ開講)】@箕面キャンパス/A棟523号室

①12:00-12:50  ②13:00-13:50  ③14:00-14:50  ④15:00-15:50

【火曜日】@吹田キャンパス/理工学図書館西館2階 グループ学習室1
①11:00-11:50  ②12:00-12:50  ③13:00-13:50  ④14:00-14:50  ⑤15:00-15:50

【水曜日】@吹田キャンパス/最先端医療イノベーションセンター棟2階 セミナー室B(225号室)
①14:00-14:50  ②15:00-15:50  ③16:00-16:50  ④17:00-17:50  ⑤18:00-18:50

【木曜日】@吹田キャンパス/最先端医療イノベーションセンター棟2階 セミナー室B(225号室)
①14:00-14:50  ②15:00-15:50  ③16:00-16:50  ④17:00-17:50  ⑤18:00-18:50

【金曜日】@豊中キャンパス/理学研究科E棟 203講義室 
①13:00-13:50  ②14:00-14:50  ③15:00-15:50  ④16:00-16:50

※各Support Deskのアクセスマップは、http://www.mle.osaka-u.ac.jp/aesd/support.htmlで確認できます。

3

2019年9月11日(水)~ 2020年1月31日(金) ※予約先着順とします。

4

希望者は以下の手順に沿って、受講申請の手続きを行ってください。

[1]専用のオンライン予約ウェブサイトで、受講日の3日前までに原則合計3回の予約を取る。(直前まで予約はできますが、講師側が準備をできないため満足のいくレクチャーにならない可能性があります。)

※予約ウェブサイトURL: https://fr.acuityscheduling.com/schedule.php?calendarID=614392

※予約サイト上の操作は次の手順で行ってください。

(1)「Pick an Appointment」のボックスより、受講を希望するキャンパスを選択する。

(2)表示されたカレンダーから、受講を希望する日付を選択する。

(3)表示された時間帯から受講を希望する開始時間を選択し、必要事項を入力して「Continue」ボタンを押す。

(この時点では予約は完了していません。)

(4)表示された入力内容を確認後、「Finish」ボタンを押して予約を完了する。

予約はできるだけ初回受講希望日の3日前までに取り、すぐに受講申請書を提出してください。講師も各受講生に合わせた準備がしやすくなります。

予約のキャンセルは、予約確認の自動通知メールのリンク先から予約サイトへつながりますので、そこで行えます。

[2]下記の受講申請書をダウンロードして必要事項を記入し、担当者 multilingual@lang.osaka-u.ac.jp にメール添付で送付する。

英語プレゼンテーション個人指導_受講申請書.xlsx

予約された日の翌日17:00を目安として、必ず申請書を提出してください。

<重要>初回受講時には、発表資料(PowerPointスライド等の視覚資料とスクリプト)のハードコピーを各2部と、USBメモリーに保存した各ファイルを必ず持参ください。

★受講報告書の提出

 受講内容に関して、最終受講日から2週間を目安として、受講報告書英語プレゼンテーション個人指導_受講報告書フォーム.docxをMLE担当者までメール添付にて提出します。

 ※報告書の提出後に限り、再度3回を上限として本プログラムの個人指導を再受講できます。

5)担当インストラクター

氏名:Dr. Neville Greening(ネヴィル・グリーニング)

Ph.D., Clinical Psychologist

DBA, Doctor of Health Administration and Medical Education

MSc, Master of Science in International Public Health

修了証・サーティフィケート:

    1. TEFL EDUCATOR: Teaching Certificate in TEFL, TESOL, ESP, 2012
    2. Computer Science: Massachusetts Institute of Technology (MIT)
    3. Chemistry, Building Blocks of the World
    4. Food, Nutrition, and Health: Open 2 Study Certificate
    5. Medicine in the Digital Age: Rice University
    6. Genomic Medicine: Georgetown University
    7. The Immune System: New Developments in Research: Osaka University
    8. Human Anatomy: The Hong Kong Polytechnic University
    9. Developing New Drugs Products: The University of Texas System
    10. Early Childhood Education and Psychology: Gowrie University
    11. Innovation for Powerful Outcomes: Swine Burne University of Technology
    12. Foundations of Teaching for Learning: University of Cambridge
    13. Understanding Common Diseases: University of Wollongong
    14. Wine and Food Coordinator certificate: Wine & Spirit Education Trust
    15. Search Engine Optimization Certification: Expert Rating Global Certificates
    16. Scientific writing and clinical research: Stanford Medical University
    17. Essential Skills in Medical Education: European Society of Medical Education
    18. Leadership in Medical Education: European Society of Medical Education
    19. HSD: Humans Systems Dynamics Institute Certificate in Adaptive Action in Leadership
    20. Vital Signs: Understanding what the body is telling us. The vital signs - heart rate, blood pressure, body temperature, respiration rate, and pain - communicate important information about the physiological status of the human body: University of Pennsylvania
    21. JASMEE: Japan Society of Medical English Education

      講師実績:ネヴィル・グリーニング氏は過去28年にわたり日本で仕事をしてきました。この間、多くの名だたる組織や医療機関で指導しております。グリーニング氏は医療英語教育、基礎工学、経営学、コンピューターサイエンスに薬学まで幅広い知識を有しております。これまでの研修実績については、以下をご参照ください。

      <一般企業>

      日本ペイント、三菱重工業、パナソニック、シャープ、メルセデスベンツ、ネクスコ西日本、NEC、富士通、電通、AGC (旭硝子)、Amazon、KDDI、郵船ロジスティクス

      <病院・医療組織>

      北野病院、大阪大学医学部附属病院、奈良県立医科大学附属病院、近畿大学附属病院、済生会中津病院、淀川キリスト教病院、

      大阪看護協会

      <製薬会社>

      グラクソ・スミスクライン、ファイザー、大日本住友製薬、武田薬品、小野製薬、田辺三菱製薬、アストラゼネカ

      <大学>

      大阪大学、兵庫医療大学、順天堂大学

      <研究所・研究科>

      大阪大学微生物研究所、大阪大学免疫学研究センター、大阪大学大学院生命科学研究科

      関係書類

      英語プレゼンテーション個人指導_受講申請書.xlsx

      R1 Support Desk 個人指導_募集要項(秋~冬).pdf

      英語プレゼンテーション個人指導_受講報告書フォーム.docx

      AESDチラシ.pdf

      AESDリーフレット.pdf

      ※問い合わせ先

      言語文化研究科・外国語学部

      マルチリンガル・エキスパート養成プログラム(MLE)

      072-730-5062

      URL : http://www.mle.osaka-u.ac.jp/

      mail : multilingual@lang.osaka-u.ac.jp